2017年5月8日月曜日

サムシングのライブ

結構毎日いろんなことやってるのに、ずーっとずぼらしていたら、またまたブログがこんなに空いてしまった。
毎回反省するけど、マメにはなれない。


昨日は、お昼は孫の初節句のお祝い。
パパの仕事が土日祝もお休みじゃないので、5月5日を過ぎてからのお祝いになってしもた。
「ひな人形は、早よしまわな娘が嫁にいき遅れる」との言い伝えがあり、3月3日の夜にはさっさと片付ける風習があるが、五月人形はそういういわれはないので、まっいいか。


主役の孫はまだ8ヶ月なので、孫だけがごちそうを食べられない。
まあ、初節句はどこの家も、たいていそういうことになる。
まだ小さいので、自分の分だけなくても、文句も言わずいい子ちゃんにしている。


夕方に解散して一度家に戻ってから、夜の部はシルバーウィングスへサムシングのライブを聴きに再び出発。

一番は「うさゆみ一座」。
想像していた通り、うさみみスタウトのお二人と、ゆみさんとブーチンさんだった。
ここは、いつも芸達者やなぁ。


二番目のバンドの2曲目。
突然ベースとギターが光り出す。 小さめの「おおっ!」が巻き起こった。


サムシングはトリ。


なんの曲やったか、途中でGuppyさんがタンバリンをたたき出した。
「わぉ、珍しい!」となって、あわてて写真撮ったけど、タンバリンの黒と服の黒が被さって、おまけに慌ててたから少しボケてて、要するに使い物にはならなかったので写真却下。(残念)


サムシングのライブ、聴くの久し振りだったっけ?
初めて聴く曲もあったりして、なんか新鮮やったわー。♪
個人的には、アンコールの1曲目が一番好き。
7月のタイバンもまたやってほしいんですけどー!!


そうそう、カオルさんに教えてもらったポイトレのアプリ2つ、無事ダウンロードできました。
ありがとう。
でも、一つは全部英語なので、なんのボタンかよくわからない。 怖いよー!


2017年4月19日水曜日

京都組の練習

軽音楽部の同窓会「音永遠会(おとわかい)」の京都組の練習も、先月から始まった。
掛け持ちする3バンドの練習が一斉に始まったので、最近は超忙しい。
毎年この時期はそっちに没頭するので、京都組2ndのライブも控えてる。
去年はこの時期、音永遠会に参加しない前田主任はほぼ冬眠状態だったが、今年は訳あって前田主任にも参加してもらうことになったので、彼も一緒に忙しい。

「京都組」は、以前は最高11人でステージに上がって、それはそれはハードな演奏をやっていた。
11人で合わせるのはなかなか難しい。(指揮者がいるで、ほんま)

そんな京都組も、時代の流れというか、みんないろいろ事情が変わってきたというか、今や5人。
ごくごく普通のバンドになってしまった。
おかげで、今や全員がステージに上がれる。(今まで、1/3ほどはステージの下で演奏してたりした)
ちょっと寂しいが、5人で京都組らしい演奏をするしかないので、みんなで一生懸命がんばっている。


しばらくお休みしていたドラムの先輩が復活してきはったので、江田君は自主的にハープに回った。
この間から練習し始めたとこなので、腕前はまだまだ。
でも、写真だけ見るとそこそこ吹いているように見える。
まだ2ヵ月あるからね、本番は超格好よく吹いて惚れ直させておくれ。(おだてるとがんばるタイプ)

あと、2回ほどの合同練習で仕上げにゃならん。
同窓会といえど、やるからにはそこそこやりたい。
酔っぱらいながらグダグダ楽しみたい人もいるし、同窓会なのでそれもアリやと思う。
でも、「そんな人は一人でやっとくれ」と思う。
一緒にやってると、がんばってるのに間違えた人がいても「どんま~い」と思うが、酔っぱらってて「そこ、ブレイクやっ!」ちゅうてるのにだらだら~とやられたら、正直「シバいたろか」と思う。
私って、厳しいやろか、人には時々「鬼」と言われる。
鬼で結構! あたしゃ最低限ちゃんとやりたいねん!
みんなもがんばってや~!!


2017年3月21日火曜日

JI-BA's合宿

毎年6月に開かれる軽音楽部の同窓会の練習が始まった。
今年は幹事なので、いろいろと準備が大変だ。
会場は、アフタービートでお世話になることにした。
勝手がわかっているので、何かと便利だ。
みんなの質問にもすらすら答えられる。

私は「京都組」「大奥」「JI-BA's」と3つのバンドをかけもつ。
計18曲ほど練習しなければならない。
今年は、ギター弾きが足らないので、前田主任にも参加をお願いした。
一人だけ、どーんと年下だけど、まあがんばってちょうだい。
歳が離れすぎて、みんな優しくしてくれるやろから、たぶん大丈夫。
なんか言われても、私が守ったるから安心しい。

そんなわけで、18・19日と金沢までJI-BA'sの合宿に行ってきた。
たかが同窓会やけど、やるからにはそこそこちゃんとしたいタイプやねん♪
JI-BA'sは、じじいとばばあのバンドという意味で、もちろん造語。
京都の江田夫婦と、金沢の石坂夫婦の4人で組んでいる。
毎年合宿と称してどっちかの家に集合するが、どこにも観光に出かけることなく、家に閉じこもりきりで、二日間ずーっと練習する。
今年は、選曲が難しかったわりに、全員がよく自主練していたので、一日目の夜にはほぼほぼ八割方出来上がった。

なので、夜はいい気分で宴会。


4人で長時間必死で練習したのに、練習風景の写真を撮るのを忘れて、写真はこれ一枚きり。
「友達んちに遊びに行って来たよー」みたいな写真になってもうた。

いっぱいお世話になって、ありがとう。
再来月はうちで大奥の合宿ですよー。
大奥の合宿の合間に、JI-BA'sも一回くらいは合わせましょう。
来週には京都組の練習も始まります。
いろいろ楽しみです!

その間に京都組2ndの練習やライブをこなしながら、ハードな日々が過ぎていく。


2017年3月5日日曜日

アフタービートライブ ♪

昨日はアフタービートでライブだった。


「~NOCTURNE SECOND PRESENTS~」というイベントだ。
どういうイベントかもわからないまま、当日になってしまった。
どういうイベントかわからないので、MCも何をしゃべっていいのかわからない。
ほとんどノープランでお店到着。

あんれまーっ!!
ハードロックの日じゃねえか!

最近はお友達も増えて、知り合いとタイバンちゅうほっこりできる環境が多かったので、すっかり忘れていたぞこの緊張感!
名古屋だ! 長野だ! と、遠征してきた本気の若いロッカーに混じって、一生懸命がんばった。


1組目の長野の「NEVER≠LIMIT」は、ベースの子がメインで歌う。
ベース弾きながらメインで歌い続けるって大変やろに。
でも、この子の声、かなり好き。


最初から最後までずっと楽しかった。
また見たい(聴きたい)と思う。
でも、長野はちょっと遠いので、また遠征してきたら言うてねー。

2番目がうち。

なんの話の途中やろ みんな笑ろてる

Guppyさん ご提供
グリーンがきれい

最後の力をふりしぼって よろよろと立ち上がる

立ち上がり方がほんとによろよろだったので、立ち上がりながら心の中で大笑いしていた。

1.Fooled Ya
2.帰って来いよ 俺んとこ
3.この世は全てショービジネス
4.気分を変えて
5.Okie Dokie Stomp
6.Steady Rollin Man
7.フラフラ


3番目は、宇治の歯医者さん。
打ち込み流して、一人でエレキギターの演奏。
一人なので、見た目はちょっと寂しいけど、演奏はステキだった。
歯医者さんらしく、身なりもきちっとしていて、演奏聴きながらブルーコメッツを思い出していた。(ああ、古っ!)

ラストは、本日のメインアーティスト「NOCTURNE SECOND」。
セカンドつながりやったわ。
ほんまにハードロックやった。


「NOCTURNE SECOND」は、ベースの江口さん一人のバンドで、あとのメンバーは毎回変わるらしい。
練習はリハ1回のみ。
どうも「初めまして」で、その日ライブするみたい。
それで全国回るとか。(ひぇ~! でもたまにそういう人と出会う)
江口さんはFM浦安のパーソナリティー。
すみません、ラジオ聞く習慣がないもので、存じ上げませんでした。
習慣あっても、京都では聞けんか? それもわからん。

みんな、いろんな楽しみ方あるんやなぁと、つくづく思った。
私は、自主練も合同練習もライブも全部楽しい。
昨日は、いつもと違う雰囲気で、そりなりにめちゃ楽しかったわ。
違和感バリバリのうちらを受け入れてくれてありがとね!
また機会があったら、仲間に入れとくれ。


2017年2月28日火曜日

酒呑童子ライブ(衣笠ナイト)♪

最近、なんかうまく眠れない。
まず、夜中にトイレに起きるようになった。
今までも、たまーに夜中にトイレに起きたことはあったけど、トイレから戻ってきたら、そのままバタンキューで爆睡続行だった。
とろこが、最近毎日夜中にトイレに行くし、帰って来てもお目々パッチリ、頭冴え冴えでもう眠れない。
1時間ほど、右へ左へと寝返り打って、やっと朝方二回目の睡眠に入る。
これ、絶対「質の悪い睡眠」っちゅうやつやわ。
これも老化か?
ほんま、この頃は毎日老化との戦いや。
なんだかなー。

そんなことを言いながらも、25日(土)はお楽しみの酒呑童子のライブだった。

一番最初は ホストの黒山

次が、奈良からお越しのCindyさんで


次が iroiro ×××× と 山ちゃん
あれ × 何個だっけ?
ギターのたっくんは アフタービートでお世話になっているPAさん

そして次が 京都組2nd

お正月に買った福袋に、この電球付きのハットが入っていて、着用するこの日が待ち遠しかった。(かぶれて満足ー。)


演奏中は、そのへんてこりんなハットは邪魔なので、黒住さんにかぶっといてもらう。
そして、最近顔見たら、「一緒にやろー!」と必ずお誘いする山ちゃんに、この日もまたハープを吹いてもらった。

椅子に座ってベース弾くと楽でいいのだが、んー、写真見たら小っちゃい大仏っつぁんみたいだ。
立ってもドラム缶みたいやし。
「立てば芍薬、座れば牡丹」とはほど遠いですな。
夢でもいいから、一度「ビジュアル担当のきよみデラックスー!」とメンバー紹介されたいもんや。

この日、黒住さんが、私の化粧が変わっていることに気がついてくれた。
そうなのよ、去年の夏の終わりから目の化粧を変えました。
青系3色のアイシャドウを買ったら、箱の後ろに塗り方が書いてあったので、忠実に守って書いたら、今までよりええ塩梅になった。
なので、もう半年ほどこのメイクしてるのに、半年ぶりに会った黒住さんが気がついて、江田君はまだ気づいていない。
どんどん太っていっても、何も文句言われないのはありがたいけど、メイクが変わって前よりきれいになったら、そこは誉めろ!
ここが、モテる男とそうでない男の違いやで、アンタ。
黒住さん、あちこちでモテてんねやろなぁ。
メイク変わったん、気づいてくれてありがとう。
うちも好っきやで~!

そうこうしているうちに、ラストは、もう一度黒山。
「衣笠ナイト」は、最初と最後にホストの黒山が演奏するのが決まりだ。

最後は みんなでセッション

この後、11時から学生さんの団体の予約が入っていたので、終わったらちゃっちゃっと後片づけして解散!
こんなバタバタも、意外と好き。(いつもと一緒じゃないことが楽しいのかも)

今回もホストのGuppyさんと黒住さんにはお世話になりました。
いつも、どうもありがとうございます。<(_ _)>

さて、来週3月4日(土)は、アフタービートで「Nocturne Second presents」というイベントに参加します。
初めてのイベントなので雰囲気がよくわからない。
ちょっと不安やけど、がんばって行って来ます。
お時間のある方は、よければのぞきに来てください。
↓詳細はこちら

2017年2月22日水曜日

先輩のお店で宴会してきた~♪

滋賀県のとある駅前で、100年以上も続いたお料理屋さん。
軽音楽部の先輩のお店で、町おこしのライブだとか夏祭りだとか、そして年に一度の軽音楽部の同窓会と、私は何回このお店でベースを弾かせてもらったことか。
昔はそこで結婚式も執り行われ、結婚式場や親族の控え室、披露宴の大広間には大きな金屏風もある。
先輩が、「遊びに来~い!」と言うと、どやどやと後輩たちが押し寄せ、大広間の金屏風の前でやりたい放題の演奏やって、夜は親族の控え室でみんなで雑魚寝した。
学生時代の合宿と同じだった。
あっ、これ、若い時の話じゃなくて、50歳半ばの話。(ついこの間)
そのお店が、後継者がいなくなりこの度閉店した。
なので、これが最後のここでの演奏。(ちょっとウルウル)

18日(土)は、集合時間の夕方4時よりもずっと早めに家を出て、同期の女子キデラと宴会のおつまみの調達に走る。
今までは、お店の板前さんが全部用意してくれたけど、彼も今はもういない。
「参加費一人1,000円、飲み物は自分の分は自分で持っといで」と、みんなに言ってある。
参加費の1,000円で、スーパーの出来合いを買って行く。
20人ほどの参加なので、お総菜と乾きモンを2万円ほど買う。
お店の先輩が焼酎や日本酒を提供してくれて、他の先輩もビール1ケースや、赤穂の先輩は生牡蠣をてんこ盛り差し入れしてくれて、予想していたよりもずっと豪勢な宴会になる。(嬉)
電子レンジやホットプレートも出してきて、チンやらジュージューもする。
まるで文化祭や。

お店のロビーでワイワイする

今年の同窓会の練習もしてみる

同窓会では、ここんとこ毎年「大奥からの還暦祝い」というのをやっている。
大奥というのは、同窓会がただひとつの出演となる同期の女子4人で編成するガールズバンド。
その4人から、なにかしらのお品と燃えるようなキッスのプレゼントがある。
今年の該当者は竹ちゃんだ。
竹ちゃんは、京都組2ndの初期のメンバーでもある。
今は、病気でなかなか同窓会にも出席できていなかったが、この日はみんなの協力のもと参加することができたので、「この日を逃してはもう祝ってやれない!」と、大奥のメンバーは2人しかいなかったけど、還暦祝いを決行した。

最初はこんな感じで

なにかしらのお品を贈呈
竹ちゃんには
「祝酒 竹内敏之之酒 還暦おめでとう 大奥より」
という文字が、ビンの裏側に彫られた焼酎
飲み終わっても 捨てたらあかんで~!

そして 最後はこうなる
竹ちゃん、還暦おめでとう。
人生は、まだまだ長い。
みんなで一緒に、ぼちぼちいこう。

この日は、親族の控え室で雑魚寝する者はいなかった。
以前ほど無茶するやつも減ってきた。
年相応ってやつやろか。
なんか、ますますウルウルするやんかー。(T_T)


2017年2月14日火曜日

あんちょびのライブ

12日(日)あんちょびのライブを聴きに行った。
阪急の東向日駅のほぼ駅前にあるカフェで、なんと12:00オープンの12:30スタート。
お昼だよー!
東向日駅で降りたのは、たぶん初めて。
そもそも阪急電車に乗ることはほとんどない。
結婚してからもう37年ほど経つが、その間に阪急電車に乗ったのって10回あるかな?
大宮駅の地下のホームは寒い。
電車が通っていなくても、すさまじい寒風が始終吹きすさぶ。
やっと電車に乗っても、電車の足下のヒーターが、これまた弱い。
どちらかといえば暑がりな私だが、冬の阪急電車はもうちょっとなんとかしてほしいと思った。
まあ、ほとんど乗らないので、私の意見など却下していただいてかまわないが…。

カフェのスペースを通り過ぎて、奥のライブスペースに入る。
カフェでライブするのじゃなくて、ライブハウスとカフェの両方あるお店。
なかなかいい感じだ。
なんぞの時には、使ってみたいと思う。
http://www.ilfmusic.com/secondrooms.html
そのうち、Guppyさんもご到着。

さて、この日はあんちょびが主催する「POPS CARNIVAL vol.1」
チラシも立派な印刷物だった。
ここのバンドはうちらとはコンセプトが違うな。
うちらは、あくまでも「趣味」(自分が楽しみたい)だけど、あんちょびはプロを目指しているようでもないけど結構本気な感じがする。
その分完成度が高い。
練習量も多いんやろな。
MCの流れもすこぶるスムーズで心地よい。
うちらみたいに、お客さんと一緒にぐだぐだの会話をして両方で笑うみたいなシステムは採用していないようだ。
個人的には、「よっしーの奥さんが見に来なくなった」の件(くだり)が好きだ。

後ろにドラマーが隠れてる

よっしー

ベースのよっしーが仕事関係のツレで、去年くらいにお互いにバンド活動していることを知り、ぐっと距離が縮まった。(年齢は完全にひと世代下やけど)
そこから、ライブの行き来が始まる。

癒されるわー
1時間くらいなら ずっと顔見てられそう

他にタイバン3組、みんなギターの弾き語りだったけど、今日はレベルが高い!
最初から最後まで、ずーっと楽しかった。

お店を出たら、まだまだ明るい。
こんな明るい時間に、このメンバーで一緒にいることは珍しいので、記念に駅のホームで写真を撮った。

家に到着しても、まだ明るかった。
60過ぎたら、夜遅いよりも昼間の外出の方が、やっぱ楽やわぁ。


2017年2月6日月曜日

KKS&Y のライブ

おとといの日曜日、3人でいつものように我が家で練習。
3週間先に酒呑童子のライブがあるのに、選曲すらできていない。
最近気がついたことがある。
うちらの演奏は、居酒屋さんでやるには、ちとうるさい。(今頃気がついたか)
同じ曲をやるにも、居酒屋バージョンを作らないといけないと思う。
なので、そこを意識して演奏を始めるが、間奏の頃にはすっかり元のバージョンに戻っている。
応用のきかん3人や。(T_T)


わいわい言いながら練習を早めに終え、この日はアフタービートに初出演となったKKS&Yを聴きに出発した。
HP見たら、6組の出演。
もうスタートの時間が迫ってたけど、「一番最初の出演じゃなければ余裕や。」と誰かがタクシーの中で言う。
誰に確認したわけじゃないけど、なんとなく一番ではないような気がものすごくしていた。
なのに、店に入ったら、もうKKS&Yの全員が、ステージの上で各自マイクの前でスタンバっていた。
い、一番なんかいな。そうなんかいな。ああ、びっくりした!

お揃いの白シャツとネクタイがかわいい
ああ またドラムが隠れちゃった

MCもほとんどなく、次から次と演奏が続く。
演奏もノッたけど、MC聞きたかったわぁ。
今度はしゃべってや。KKS&Yの魅力の半分はMCですがな。


澤辺さん、娘さん二人ともべっぴんさんやね。
もう言われ慣れてると思うけど…、よかったですね、奥さま似で。
それに、おっちゃんらに機嫌良う付き合ってくれるし。
そう言ううちも、息子みたいな年齢の前田主任が付き合ってくれる。
ほんま、うちらは幸せやなぁ。
まだまだ、みんなで一緒にがんばろね。

この日は6組の出演で、いろいろバラエティに富んでいた。
ステージから二十歳の若者に「手拍子くらいせんかいっ、ボケ!」と怒鳴られた。
久し振りやわ、このタイプ。
パフォーマンスであることが多いので、これくらいでそのバンドを嫌いになったりしない。
年齢が開きすぎて「かわいいなぁ」と思ったりしてる。
でも、「ボケ!」と言われた瞬間は、多少なりともむかついているので、手拍子は絶対してやらない。(ここで手拍子してしもたら、なんか負けた気がするねん)
ここのドラムさん、前回タイバンした人やわ。
この間は、娘さん二人連れて、親子で「中川z」というバンド名でご一緒した。
「普段はドラムしてます」と言ってはりましたね。こちらが本職なのね。
こんな若い子と組んでるんや。
みんな十人十色でおもしろい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

さて、ライブのお知らせです。
3週間後の2月25日(土)は、平野神社近くの居酒屋「酒呑童子」で “衣笠ナイト”に出演します。
お時間のある方は、よければ見に来てください。
ライブハウスと大きく違うのは、演奏中も照明は明るいままで、「飲んで食って」が大変充実しているライブです。
ご近所お誘い合わせのうえ、お気軽にお越しくださいませ。
詳しくは ↓ こちら

2017年1月24日火曜日

和音堂ライブ

おとといの日曜日は、和音堂の「yumi's デスノート」に参加させていただいた。
初めてのライブハウスで初めてのイベントだったけど、知った顔がいっぱいあったので、お気楽に演奏させていただいた。

うしろの「和音堂」と書いた看板がいいね
会場がどこかすぐわかる

最近では珍しくなった、一番最初の出番。
一番最初というのは、「行くで~っ!!」という多少の気合いが必要だ。
この日も心の中で、小さく「行くで~っ!!」と叫び、ステージの段をよっこらしょと上がる。

早めの曲は、最近全然ついていけない。
1曲目からめちゃくちゃ弾いて、そのうえ体力も消耗する。
ここ数年いつも掲げている一年の目標「現状維持」がままならぬ。
えらいこっちゃ!
まだ、もうちょっと現役でいたいぞ!
6曲演奏してライブを終了するが、まだ後半に「くじ引きセッション」が残っているので、ここで油断してはいけない。


うちらの後は、KKS&Yのみなさま方。
娘さん二人(ヴォーカル・ドラム)が参加する二世帯バンドだ。


ここは、いつもみんな楽しそうやなぁ。
実際楽しいんやろけど、「楽しそうに見える」っちゅうのは、バンドのええ武器やと思う。


次は、職人G&B。


「今までで一番よかった」と言ったら、演奏した本人に「いつもと一緒」と言われた。
この時、私は少々酔っぱらっていた。
アルコールに弱い私は、酔っぱらうというと大抵「気分悪~、しんどい~」となる。
ところが、この日は年に数回しか味わえない「気持ちいい~!」を感じていた。
このG&Bの演奏中に、その気分は最高に達していた。
目を閉じてゆっくり揺れながら聴いていた。時々鼻歌もうたってた。
まさしく本人の言う通り「いつもと一緒」であるならば、たぶんそれがいつもより素敵に聴こえた要因だろう。
酔っぱらうって素敵~!


その次は、HIT SHOT。
隣で話を小耳にはさんだら、もう50歳だと言っていた。
ものすご~く若く見える。30後半かと思ってた。


そうこうしているうちに、「くじ引きセッション」
今回の課題は、クラプトンの「Wonderful Tonight」
「ギター or キーボード」を引いたが、「ベース or キーボード」を引いたGuppyさんと交換してもらった。
「自分の担当でない楽器もやること」が掟だが、たぶんあちこちで同じようなことになっていると思う。

音組でベースを弾く江田君
ベースを弾く姿を久しぶりに見た
42年前初めて見た時は こんな姿だった

ベース弾くの必死で気がつかなかったけど
澤辺さん ご一緒していたのね
もっと 喜びを味わえばよかった

狭い会場を多くの人が一斉に動き出すので、てんやわんやな感じでセッションタイムが進んでいく。
なんか楽しいぞー!♪


最後は「Taro's」
まぁ、素敵!
ここには、DJがいる。
Taro'sのDJの演奏を初めて聴く。
「こういう感じで参加するのかぁ」
思っていたよりずっとよかった!
以前、えげつない会場で、えげつないDJの、えげつないパフォーマンスを見たことがあるので、それから「DJ大嫌い!」の日々を過ごしてきたけど、Taro'sのDJを見れて(聴けて)よかったぁ。
嫌いなモンが一つ減って、好きなモンが一つ増えた。


「yumi'sデスノート」初めてづくしで、楽しかったー!
ブーチンさん、ユミさん、誘っていただいてありがとう。
ほんとにほんとに楽しい夜でした!
機会があったら、また呼んでください!


1.どうしようもない雨+ブルースをけとばせ
2.この世は全てショービジネス
3.It's not the Spotlight
4.San Ho Zay
5.昨日酒場で見た女
6.とりあえずロックンロール


2017年1月1日日曜日

新年のごあいさつ



昨年は、充実した音楽活動に加えて二人目の孫も誕生し、それはそれは忙しい一年だったが、おかげさまでかなり満足度の高い一年となった。
ライブでは、素敵な人たちともたくさん知り合うことができ、「音楽やっててよかったなー」と、今つくづく思う。

昨年、いろいろお世話になったみなさま方、ほんとうにありがとうございました。
今年もみんなと楽しい一年を送れるよう精進していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


さて、おせち料理のお話。
うちら夫婦と、仙台から帰省している娘とで3人のお正月を迎えている。
子どもが小さい時、おばあちゃんもいて、長い間5人家族だった。
子どもが小さいにもかかわらず、5人分+実家に戻ってくる義姉さん家族分のおせち料理を手作りしていた。
おせち料理の準備だけで、丸一日かかっていた。
知らない間に、一部の料理を購入して、重箱に詰めるようになった。
さらに4、5年したら、大半を購入して重箱に詰めるようになった。
そのうち、全部を購入して重箱に詰めるだけになった。
それから、おせち料理を注文するようになった。
そして、ここ数年は、おせち料理は準備しないようになった。
値段高いし、塩分濃いし、食べる時冷たいし、スーパー元旦から開いているし。(言い訳を考えたら、いっぱい見つかった)

でも、今年はおせち料理復か~つ!
ネット見てたら、「ワンプレートおせち」とかいう、こじゃれたもんが流行っているらしいので、作ってみた。

「作ってみた」と言っても、できあいを並べただけ
白みそのお雑煮のみ 鼻歌うたいながら適当につくった

スーパーが開いているので、明日の分まで買い込んでいない。
明日は「食材を買いに行こう」と家を出て、めんどくさくなってどこかで外食することになりそうな予感だ。
今年もずぼらな一年になりそうだ。
こんな私ですけど、どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>